So-net無料ブログ作成
検索選択

久保陽子トリオ

KUBOYOKO TRIO

久保トリオ浜離宮web.jpg
[コピーライト]堀田力丸

久保陽子 YOKO KUBO ヴァイオリン
3歳より父の手ほどきを受け、その後、折田泉、村山信吉、J.イスナールおよび斎藤秀雄らに師事。1962年桐朋女子高等学校音楽科卒業と同時にチャイコフスキー国際コンクール第3位入賞。1963年よりフランス政府給費留学生としてパリに留学しR.ベネデッティ、J.カルヴェに師事。1964年パガニーニ国際コンクール、1965年ロン=ティボー国際コンクールにて第2位。1967年からJ.シゲティに師事。その後クルチ国際コンクール第1位。ソリストとして、またピアニスト弘中孝と共に桐五重奏団、久保陽子トリオまたジャパン・ストリング・クヮルテットを主宰するなど室内楽奏者としても活躍中。2011年3月迄、東京音楽大学教授として後進の指導にあたる。 これまでにCD『J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全6曲』『ブラームス/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ全3曲』『ベートーヴェン/ピアノ・トリオ第7番大公、ブラームス/ピアノ・トリオ第1番』『パガニーニ:カプリース全24曲』をリリース、いずれも高い評価を得ている。

堀 了介 Ryosuke HORI チェロ
8歳より斎藤秀雄にチェロを師事。1967年桐朋学園大学オーケストラ研究生在学中、第36回日本音楽コンクール第1位入賞。1969 年、ヴィーン・コンセルバトリュームに入学、ニコラウス・ヒューブナーに師事。最優秀賞を得て卒業後、ジュネーヴにてピエール・フルニエに師事し、研鑚を積む。帰国後、NHK交響楽団に入団、1979年に退団するまで首席奏者を務める。数多くの主要オーケストラと共演の他、室内楽奏者としても国内の音楽祭を始め、海外においてもザルツブルク、プラハ、フランス国内の音楽祭に出演。現在、東京音楽大学教授として後進の指導に当たる傍ら、水戸室内管弦楽団の常任メンバーであり、倉敷音楽祭、木曽音楽祭、サイトウ・キネン音楽祭にも参加。また日本音楽コンクール他、数多くのコンクールにて審査員を務めている。

弘中 孝 Takashi HIRONAKA ピアノ
6歳からピアノを始め、東貞一、井口愛子、井口基成の諸氏に師事。桐朋学園に学ぶ。1961年第30回日本音楽コンクール第1位、特賞ならびに安宅賞を受賞。その後ヴァン・クライバーン国際コンクール入賞。シフラ国際コンクール第1位、ロン=ティボー国際コンクール第4位入賞。1963年から1965年フルブライト給費留学生としてジュリアード音楽院に留学、S.ゴロニツキー教授に師事。1966年から1969年マルセイユ音楽院にてP.バルビゼ氏に師事。1969年より本格的な演奏活動に入り、国内外で活躍。オーケストラとの共演を始め、リサイタルや室内楽の分野でも、1974年結成した桐五重奏団を中心に充実した活動を展開している。また国際コンクールの審査員、音楽祭ディレクターを務めるなど多彩な活動を続けている。2013年3月まで東京音楽大学教授として後進の指導にあたる。2007年ソロCD「ブラームス:ピアノ作品集」2010年「ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ、シューマン:交響的練習曲」をリリース、各方面より高い評価を得る。

trio1.jpg

HOME CONCERT TOPIC KUBOYOKO STORY